しばたデンタルクリニック インプラント治療

失われた歯を再び、自分の歯に近い感覚で違和感なく噛むことができるインプラント治療

インプラントとは

インプラントとは

入れ歯などでは体感できなかった食感を回復させることが出来ます

インプラント治療とは、歯が抜けてしまったところに人工の歯根(多くはチタン製)を植え、顎の骨に固定した後に、その上に人工の歯を被せて、かみ合わせを作り上げるものです。

  • 入れ歯では強く噛めなかった食感を取り戻したい方
  • 入れ歯の取り外しを行いたくない方
  • 歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削りたくない方
  • 天然に近いかみ合わせを回復したいとお考えの方

など、インプラントは有効な治療法といえます。

歯を失った部位をそのままにしておくと…

歯を失った部位をそのままにしておくと…

  • 抜けた歯の両サイドの歯が倒れ、歯並びが悪くなります。
  • 対(上下の位置関係)となる歯が延びてきます。
  • 反対側の歯や前歯に負担がかかります。

抜けた歯をそのままにすると、上記のように周囲へ悪影響を及ぼし続けるため、何らかの治療法で抜けた歯を補う必要が出ます。

抜けた歯への治療方法

治療法 外観イメージ メリットとデメリット
インプラント治療 インプラント治療 メリット
  • 自分の歯に近い感覚で違和感なく噛むことができる
  • 周りの歯を傷つけることがない
  • 見た目も自分の歯にかなり近い
  • よく噛めることで全身の健康にも良い影響を与える
デメリット
  • 抜歯をするのと同程度の手術が必要
  • 保険が適応できず、自費治療となる
  • 全身の疾患等で全ての人が治療できるとは限らない
  • 入れ歯やブリッジに比べ、治療期間が長め(3~6ヶ月)
ブリッジ治療 ブリッジ治療 メリット
  • 固定式されていて装着しても違和感が少なめ
  • 人工の歯の材料を選択することで、天然の歯と変わらない審美的な修復を実現できる
  • 保険適用材料を使用する場合は保険での治療が可能
デメリット
  • たとえ健康的な歯でも両隣の歯を削る必要がある
  • 歯が抜けた分、支える歯に負担がかかって将来的にその歯を失う原因になる恐れ
  • ブリッジの橋の部分の下に食べカスがたまり、汚れやすい
  • 空気がもれて発音に悪影響がでる場合がある
入れ歯 入れ歯 メリット
  • ブリッジでは適応できないほど大量の歯を失っている場合に有効
  • 健康な歯を削らずに対応することができる
デメリット
  • バネのかかる歯への負担が大きくなる
  • 噛む力は健康的な歯に比べて30~40%程度に低下
  • 取り外して手入れする必要がある
  • ガタつきやすく、違和感が大きめ
  • バネがつくため、見た目が良くない
  • 言葉が聞き取れにくくなる

午前の部 10:00~13:00 午後の部 15:00~20:00

▲:第2・第4 木曜日は午後休診 ○:毎週土曜日は17:00 まで   *:日曜日、祝日は休診

受付.075-643-3545

診察メニュー

  • 一般歯科、予防歯科
  • 小児歯科、小児矯正
  • 口腔外科
  • インプラント
  • 入れ歯
  • 審美歯科
  • アンチエイジング歯科
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • その他、求人案内はこちら
しばたデンタルネットワーク
西院デンタルクリニック
デフ・ライフ・パートナーズ
カード決済可能
利用可能カード/デンタルローンが利用できます。 Dentcure デントキュア